カルキ抜き 方法

カルキに悩まされるのはもう終わりの時代です


月々定額

¥2480〜

ボトルの交換、配達、ノルマなし!!!

お水使い放題!!


↓↓↓公式サイトはコチラをタップ





水道水のカルキ抜きが簡単にできる6つの方法とは

 

水道水に入ってるカルキってイヤですよね。

 

 

水道水をカルキ抜きせずにそのまま飲むと

 

カルキのあの独特の塩素臭さがあって

 

どうも美味しくない・・・

 

 

飼っている魚の水にも水道水を使いたいけど

 

カルキ抜きしないと魚が苦しんでしまう。。。

 

 

 

また、

 

カルキ(塩素)は人によってはアレルギーを引き起こし、

 

肌荒れやニキビの原因にもなってしまうもの。

 

 

 

水道水を使うのなら

 

 

しっかりとカルキ抜きをして

 

 

キレイな水を安く使いたいな、

 

 

と思いますよね。

 

 

 

そこで、

 

 

誰にでもできる具体的なカルキ抜きの方法を6つ、

 

 

そして、

 

それぞれのカルキ抜きの方法にあるメリットデメリットも

 

合わせて紹介したいと思います。

 

 

 

ペットボトルやバケツで外に汲み置き

 

注意ポイント

 

@ 天候を確認する。

 

カルキは、強い紫外線に当てると分解されるため、

 

日差しが強ければ強いほど早くカルキ抜きできます。

 

 

一方、曇りや雨の日だと太陽が隠れているため、

 

このカルキ抜きの方法だとカルキ抜きが終わるまでに

 

時間がかかってしまいます。

 

ちなみに夜もおすすめできません。

 

 

A バケツやペットボトルに水を汲み、屋外に放置する

 

使う分だけの水を汲んだら、屋外に放置します。

 

できれば朝から放置しておきましょう。

 

 

晴れの日なら正午、

 

曇りなら夕方まで放置すれば

 

カルキ抜きが終わっています。

 

 

外への汲み置きでカルキ抜きする方法のメリットデメリット

 

メリット

 

待つだけなので手軽

 

条件さえ合えば大量に作れる

 

 

デメリット

 

天候や季節、時間帯に大きく影響される

 

カルキが抜けた状態が長いと雑菌が大量繁殖する

 

大気中のホコリやゴミが混入してしまう

 

飲み水にするのは危ない

 

 

 

冷蔵庫に寝かす

 

注意ポイント

 

@ピッチャーを用意する

 

水を入れておくための容器を用意します。

 

麦茶などを入れる【ピッチャー】がベストです。

 

 

このカルキ抜きの方法は、

 

紫外線を利用せず、

 

空気中にカルキを逃がしていく方法です。

 

 

一応ペットボトルでもできますが、

 

空気と接する面が少ないため、

 

ピッチャーに比べてカルキが抜ける効率が落ちてしまいます。

 

 

蓋を空けて冷蔵庫に入れておくのも、

 

水がこぼれそうでイヤですからね。

 

 

A冷蔵庫に入れて24時間放置する

 

冷蔵庫で24時間寝かせるだけで

 

十分カルキが抜けています。

 

 

冷蔵庫に寝かしてカルキ抜きする方法のメリットデメリット

 

 

メリット

 

飲水に使える

 

待つだけなので手軽

 

屋外と違って完成時間が計算しやすい

 

 

デメリット

 

紫外線が当たらないため非常に時間がかかる

 

冷蔵庫の場所を取るため、大量に作りにくい

 

カルキが抜けて雑菌が繁殖しやすいため、早めに飲み切る必要がある。

 

 

 

沸騰させる

 

注意ポイント

 

@鍋やヤカンを用意する

 

水道水を火にかけられるものを用意します。

 

鍋やヤカンが最適でしょう。

 

 

A火にかけて1時間ほど沸騰させる

 

「え?そんなに?」

 

と思うかもしれませんが、

 

一応、カルキ抜きするだけなら5分程度

 

沸騰させればカルキは抜けます。

 

 

ただ、沸騰時間が短いと

 

発がん性物質であるトリハロメタンが増加してしまいます。

 

 

トリハロメタンも沸騰すると揮発するため、

 

トリハロメタンを完全に飛ばすために

 

沸騰時間を長くする必要があるわけなんですね。

 

 

沸騰させてカルキ抜きする方法のメリットデメリット

 

 

メリット

 

屋外や冷蔵庫放置よりは完成が早い

 

 

デメリット

 

トリハロメタンの残留が不安

 

一度に多くは作れない

 

ガス代がかかる

 

冷ますまで時間がかかる

 

 

中和剤を使う

 

注意ポイント

 

@中和剤を購入する

 

ホームセンターなどに行き、

 

カルキ抜き用の中和剤を購入しましょう。

 

 

A適量を混ぜる

 

使う分だけの水を用意したら、

 

規定量の中和剤を混ぜるだけ。

 

 

水道水内のカルキ量というのは

 

季節によって変わってくるので、

 

中和剤の量は適宜調節する必要があります。

 

カルキは夏が多く、冬は少ない傾向にあります。

 

 

中和剤はカルキと即反応するので、

 

すぐにカルキ抜きは終わりますよ。

 

 

中和剤でカルキ抜きする方法のメリットデメリット

 

メリット

 

すぐにカルキ抜きできる

 

 

デメリット

 

飲水にはできないのでアクアリウム用にしか使えない

 

使用量を調節する必要がある。

 

お金がかかる

 

 

 

レモン(ビタミンC)を入れる

 

注意ポイント

 

@スーパーやコンビニへ行き、購入する

 

レモンを購入してきましょう。

 

 

ただ、生のレモンは使い切れないことが多いので

 

食卓レモンのほうが使いやすく、

 

おすすめです。

 

 

A水道水に絞り汁を垂らす

 

レモン汁を水道水に混ぜます。

 

1リットルに対して5滴ほど垂らすだけで

 

十分にカルキ抜きできます。

 

 

レモン(ビタミンC)でカルキ抜きする方法のメリットデメリット

 

メリット

 

すぐにカルキ抜きできる

 

飲水に使える

 

 

デメリット

 

レモンの風味がついてしまう

 

お金がかかる

 

魚の飼育水には使えない

 

 

炭を入れる

 

注意ポイント

 

@炭を購入する

 

ホームセンターなどに行って炭を買ってきます。

 

炭の種類は問いませんが、

 

備長炭がおすすめです。

 

値段も安いもので構いませんよ。

 

 

A炭と混ぜあわせる

 

ピッチャーを用意し、水と炭を入れてよく混ぜます。

 

そのまま5時間ほど寝かせるだけで、

 

カルキが抜けています。

 

カルキ抜きが完了したら炭を抜くだけ。

 

とても簡単ですね。

 

 

ペットボトルでも良いのですが、

 

備長炭が入り口から入らないことが多いです。

 

 

用途に応じて常温か、冷蔵庫に入れておくと良いでしょう。

 

 

2番めに紹介した、

 

【冷蔵庫に寝かす】カルキ抜きの方法よりも、

 

炭を使うことでより早くカルキ抜きを

 

終わらせることができます。

 

 

炭でカルキ抜きする方法のメリットデメリット

 

 

メリット

 

待つだけなので手軽にできる

 

飲水にも魚の飼育水にも使える。

 

 

デメリット

 

使用限度があるため、定期的に炭を買い直す必要がある。

 

カルキを吸着し終わるまで時間がかかる

カルキ抜きの方法はたくさんあるけれど、どれもやっぱりデメリットが気になる・・・

 

このように、一言でカルキ抜きとは言っても、

 

 

色んな方法でできるんだなーということが分かったと思います。

 

 

 

それでも、

 

やっぱりどのカルキ抜きの方法にもメリットとデメリットがあって、

 

デメリットって特に気になっちゃうんですよね。

 

 

 

天候によってはすぐに作れない日があるとか、

 

カルキ抜きが終わるまでに時間がかかったり。

 

 

飲水にするならすぐに飲み切らないといけないし。

 

 

それに万一トリハロメタンが残ってたりでもしたら・・・

 

 

 

カルキ抜きってたくさん方法があるけれども

 

 

意外と手間暇かけないといけないし、

 

 

不安要素も多いんですよね。

 

 

 

でも、このデメリットが全部無くなる

 

カルキ抜きの方法があるんです。

 

それはクールクーというウォーターサーバーを使うことです。

 

 

 

これらのデメリットを全てを解決するカルキ抜きの方法はコレ!!

 

水道管接続のウォーターサーバーがすごい!!

 

RO濾過システム

 

 

クールクーには

 

RO濾過システムというものが内蔵されていて、

 

サーバー内に水道水を注入すれば、

 

その場で濾過をして、

 

一瞬でカルキ抜きをしてくれます。

 

 

カルキ抜きどころか、RO濾過は

 

放射性物質も簡単に除去するレベル。

 

水道水に存在している不純物を

 

根こそぎ濾過してくれるんです。

 

 

水道直結のウォーターサーバーとは?⇒

 

 

 

 

他の水と比較してみても、

 

クールクーのRO水の綺麗さが分かります。

 

 

 

また、必要なときにカルキ抜きの方法を実践することもなく、、

 

欲しい時になったらサーバーから水を出すだけ。

 

 

このように、クールクーは

 

【ほぼ純水に近い水】

 

自宅で簡単かつ大量に作り出すことができるんですね。

 

 

 

クールクーじゃなくても良いんじゃないの?

 

もしかしたら、

 

 

「他のウォーターサーバーでもできるんじゃない?」

 

 

と思うかもしれません。

 

 

 

確かにできることはできます。

 

 

でも1番の違いは

 

 

やっぱり「料金」なんです。

 

 

↓の画像を見てください。

 

 

 

 

 

そもそも、ウォーターサーバーの大半が

 

毎月決められた数のボトルを送ってもらうシステムになっています。

 

 

 

つまり、水をたくさん使おうと思えば

 

それに比例して多くのボトルを送ってもらうことになり、

 

どんどん水代がかさむことになってしまうんです。

 

 

 

魚の飼育水に使うことを考えると、

 

いったい何本のボトルが必要になることか・・・

 

 

 

飲み水にしたって家族が増えれば増えるほど

 

ボトル代がかかっていくことになってしまいます。

 

 

 

でも、クールクーのような水道管直結タイプであれば、

 

 

 

 

月々のボトル代がかかりません!

 

 

 

 

値段を考えることもなく、

 

 

サーバーのレンタル代だけ払えば

 

 

綺麗な水を使い放題ですからね。

 

 

 

 

そして、

 

水道管直結タイプのウォーターサーバーで比較しても

 

特に、クールクーが1番安く使えるんです。

 

 

 

クールクーについては、

 

より詳しく解説しているサイトがあるので

 

よろしければ確認してみてください。

 

 

クールクーについて詳しく解説しているサイトはこちら

 

 

 

 

わざわざ手間暇かけて

 

カルキ抜きの方法を実践することもなく、

 

簡単で確実にカルキ抜きされた綺麗な水を、

 

安く大量に使うのならクールクーが1番ですよ。

 

 

 

まず無料お試しをして見ませんか?

↓↓↓公式サイトはコチラをタップ




page top